「 調度・掛・立 」一覧

NO IMAGE

梅一輪

 梅一輪一輪ほどの暖かさ 江戸時代前期の俳諧師 服部嵐雪の俳句です。 嵐雪は蕉門十哲のひとりです。 まだまだ凍てつく寒さの中そっと開いた一輪...