平成最後の夏

8月になりました。

平成最後の夏、特に7月の西日本は災難続きでしたね。

大阪北部地震に始まり、今まで経験したことのない記録的な豪雨

そして、連日40℃近い猛暑に見舞われ

月末には台風が接近・上陸という厳しい月となり

年末に清水寺で行われる『今年の漢字』は「災」か「猛」に

なるんじゃないかと予想してしまうほどでした。

海外メディアも日本の猛暑について「無慈悲な暑さ」などと報じ

2020年夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックが心配されているようです。

さて、毎年恒例のお正月シリーズも先月発表しました。

2019年の干支『亥(いのしし)』。

猪の猪突猛進な性質から、勇気と冒険の象徴ともされています。

ただ、残念ながらお正月に縁起物を飾る家が年々減少傾向・・・

それに伴って今年はアイテム数も減ってしまいました。

年賀状を出す人も極端に減り、今と昔の正月とでは

かなり様子が変わって時代の流れなのかな・・・悲しいですね。

話は変わって、、

2019年春の開業を予定しているJR山陰本線の京都~丹波口間に設置される

新しい駅名が、「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」に決まりました。

 

新駅完成イメージと現在建設中の写真です。

しかし、駅名が長くて覚えにくい・・・

おそらく、正式な駅名は浸透せず、単に「梅小路」と呼ばれてしまう運命でしょう。

梅小路公園といえば今年で12回目を迎える「京都音楽博覧会」。

すっかり定着して京都の風物詩とも言えるイベントとなりました。

第一回目が開催された2007年にはまだ閑静だった梅小路界隈ですが

京都水族館、京都鉄道博物館が隣接して誕生し新たな人気エリア?

として飲食店も増えました。

この梅小路京都西駅ができることで市民の憩いの場、梅小路公園が

どのように変わっていくのか注目ですね。

by 河原町子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする