冬だけど・・・

寒空の下、金魚を見に行ってきました。
そうです!日本各地で魅了してきた
あの『アートアクアリウム展』です。
tb_kyt2014_01.jpg
世界遺産二条城で一般非公開の二の丸御殿中庭を中心に
過去最大級の規模で初めての屋外展示のようです。
三連休の最終日、20時過ぎでもまだ混雑気味で
チケットの購入&入場するのに待ち時間が
それぞれ15分との案内でしたが
実際にはすんなりと入ることができました。
入ってすぐのプロジェクションマッピングでは
錦鯉が泳ぐ全長8mの水槽に日本の四季が投影されていて
さっそく人だかりが・・・ほとんど見えません・・・
あとから自由に見ることが出来るらしくまずはスルー。
順路に沿って進んでいくと
行燈(あんどん)をモチーフにした「アンドンリウム」や
浅い円筒の水槽で色々な種類の金魚を観ることができる「金魚品評」
金魚がクッキリと見えるほどの水の透明度にびっくり
art3.jpg
地球をイメージした球体水槽の「アースアクアリウム・ジャポニズム」
art2.jpg
メイン会場の中庭には、アートアクアリウムを代表する
世界で最も巨大な金魚鉢「花魁」
アートアクアリウム城1
あとは京友禅を埋め込みプロジェクションマッピングで
着物の柄を投影する「キモノリウム」がありました。
感想としては
期待値が高すぎたのと、屋外で広々しているせいか
少し物足りない気がしましたが
日本の美意識が感じられる時間を
過ごすことができました
さて、今年も残すところあと1ヶ月。
愛らしく福を呼んでくれそうな“干支飾り”を紹介します。
早めの準備で気持よく年内を終らせ新しい年を迎えましょう。
         
by 河原町子